日本造園学会関東支部見学会に参加しました

7月13日、亀戸天神で開かれた日本造園学会主催の擬木製作に関する見学会に参加しました。擬木は、明治時代に松村重により始められ、東京市公園課長の井下清らと関係を持ちながら、製作されていきました。松村は、大物曳きを得意とした弊社成家徳次郎と同時代人で、いくつもの現場で共に施工を行っていたと聞いております。

kameido2

kameido1

kameido3

 

 

 

カテゴリー: その他   パーマリンク

コメントは受け付けていません。