国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区 『春の山野草』

国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区です。
4月も半ばに入り、あづみの公園もやっと春めいてまいりました。
長かった冬も終わり、植物もそろそろ動き出してくるころです。
公園内でもかわいらしい山野草の花が顔を見せています。

明るい林内ではキクザキイチゲが見ごろを迎えています。
紫色と白色の花がパッとひらいています。かわいいです。
そのとなりでは、枯葉の隙間からカタクリも起き上ってきました。すぐに見ごろになりそうです!

もう少しで咲きそうなこの花は、オキナグサ。全体に長い毛が生えています。ふかふかです。
種がタンポポのように綿毛をまとって飛んでいくので、駐車場の緑地帯など、思いもよらないところで見かけることがあります。

川の石の上では、バイカオウレンが咲いていました。写真だと小さいですが、梅の花のような白い5枚の花弁のついたかわいらしい花です。冷たい雪解け水が当たる場所ですが、きれいに咲いています。

春は澄んだ空気でお散歩にも最適です。ぜひ、国営アルプスあづみの公園にお越しください!

カテゴリー: 国営アルプスあづみの公園, 管理   パーマリンク

コメントは受け付けていません。