大径木の移植工法

    樹木は、現在生育している場所にその後もあり続けることが望ましいのですが、様々な理由により移植せざるを得ない場合が起こります。その時に、少しでも樹木に与えるストレスやダメッジを軽くし、安全で経済的な工法が必要になります。特に、大径木の移植に関しましては、大型重機を使う方法だけでなく、伝統的な工法や根株移植といった方法も含め、さまざまな工法を使い分けることが大切です。弊社では、多様な工法に多数の実績を持ち、必要な道具や技術者を常に確保しております。

 pto01_01 pto01_02
「ヒラ」による運搬移植 立曳き工法による移植
pto01_03  08ver
クレーンを利用した移植 根株移植

戻る

コメントは受け付けていません。