工事

 

 

10年間にわたり公園各ゾーンの造園工事に携わりました。この大きなキャンパスにそれぞれの工事が多彩な絵を描いていく。樹木も成長し、今は落ち着きを見せ始めています。

 

 

広大な休耕田を利用し、八ヶ岳高原に誕生した大花壇。綺麗に咲き誇る花々は、こよなく植物を愛する技術者達の「知恵」と「汗」の結晶です。

 

 

 

中国初の国際博覧会に日本政府出展作品となったこの庭は、博覧会のテーマである「人と自然21世紀へ向けて」を表現。施工に係る図面作成から施工、管理までを当社を含む造園3社のJVで請け負いました。

昆明コンテスト施工部門 金賞

 

中央合同庁舎4号館屋上緑化

12階建庁舎の屋上に、大型のレッカーを利用した屋上緑化を行いました。施工の特徴は、ドリップまたはスプリンクラー給水を好む植物の選択、生産者とは人工土壌の PH に近づけた栽培調整、一定期間潅水量を落とした後の現場搬 入そして強風対策などです。

 

国営常陸海浜公園
「みはらしの丘整備工事」平成17年竣工

茨城県ひたち市、総面積350ha で現在も開園しながら整備をしています。
今回は、公園脇に広がる鹿島灘の海を見渡すことが出来る「みはらしの丘」からその裾野を整備しました。公園テーマである「海と空と緑が友達爽やか健康体験」をイメージしたような広場を完成させました。
国土交通省関東地方整備局
平成16年度優良工事 局長表彰

 

P 学 校

  移転前の大径木を移植して新しい地域のシンボルとなるように育てています。敷地の輪郭をはっきりと、そして違和感や威圧感を出さないように外周は2mから50cmの石積みで囲いその 上に既存樹木を配置し、緑のボリュームをアップさせています。目的に合った管理項目の調整から適切な作業を
提案しています。

 

 

荘厳な森に包まれ、都心にいることを忘れてしまう「静と動のハーモニー」。上品にまとまった空間に仕上げました。

 

 

 

夏には蛍が飛び交い、晴れた夜には満天の星空を満喫できます。都会の雑踏から抜け出しリラックスできうるよう様々な工夫を施しています。

 

 

都下某老人ホーム

吹き抜けの建物内の庭です。「家族との安らぎ」をテーマに計画しました。日照不足が危惧されるので、自然素材を基本に一部人造物も用い修景しました。人造物がそれとわからないよう配慮しています。

 

 

都下某病院

 建物のデザインとの調和を目指し、建築の意匠にあわせた植栽を行いました。病院の敷地ということで、来院者や入院患者の癒し空間を目指し、温かみと彩り そして落ち着きある計画としました。

 

 

山の茶屋

 極上の杉皮葺きの庭門。自然に苔が生え、料亭としての風格をより一層高めています。お食事に来られるお客様をお迎えするには、最高の演出。

 

 

T 団 地

 改修前のこの広場は典型的な戦後の児童公園でした。その広場を現代のニーズに合った形へと設計提案を行い、改修しました。複合遊具、健康遊具、団地のひとびとが憩えるベンチなどを配置し、安全、安心、を心がけて提案しました。

 

都下某マンション

 洗練されたデザインは当初より計画されていたものです。我々はこのデザインを120%生かす植物材料と、確かな植栽技術でこれを具現化しました。植物の特性を考慮し、時にはデザイナーと激論を戦わせながらも豊かな景観作りをサポートしています。

 

 

 四季折々にその姿を変える小宇宙。「気品に満ちた上品な庭」といった言葉がぴったりな庭です。

 

 

コメントは受け付けていません。